医師と先輩看護師

看護師として一つの職場に就職した場合、多様な人達と人間関係を築くことになります。

中でも大切なのは医師との関係です。
そもそも看護師は医師をサポートするための職業ですから、きちんと指示に従った上で適切なチームワークを築くことが大切なのです。医師がメインで治療行為をするため、看護師は独断での行動は避けましょう。ですが、もしも患者さんに関して気になる点がある場合、きちんと周りのスタッフに進言する必要があります。病気治療は患者さんのために行うものですから、そのために必要な意見はきちんと医師に伝えることが大切なのです。

ですが医師の中には、高慢なタイプの人もいます。
看護師と医師の人間関係が悪くなってしまった場合、その空気を最も敏感に察知するのは患者さんです。特にメンタルヘルスの病気に悩んでいる患者さんであれば、それによって病院を変えてしまう場合があります。そのため、医師と上手く付き合っていく必要があります。

人間関係の良い場所には、自然と患者さんが集まってくるものです。
新人看護師が医師と同じくらいきちんと関係を築きたいのが、先輩です。そもそも看護の知識は、現場で教科書通りに使えるものではありません。実際の患者さんを前にして間違いなく処置するためにも、先輩から学ぶことが欠かせません。あまりにも自分の手法に囚われたり、学ぶ姿勢がなかったりする新人は先輩から嫌われてしまいかねませんから注意しましょう。先輩と良い関係を築きたい場合、意欲的に仕事について訊ねることが大切です。もちろん質問するときは先輩の仕事の状況を読み、忙しそうなときはしっかりサポートするようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です