相手によって変わる距離感

看護は患者の健康や、時には命に関わる仕事です。
その仕事を円滑に進めるためには、患者とだけでなく、医療の現場で働く様々な人々との関係性を構築することが必要になります。医療過誤が生じてはならないため、十全な情報伝達が出来るような体制が必要です。そのため周りのスタッフとの良好な関係性が大事になってきます。また、リハビリや患者の生活をサポートする介護士や、入院患者の食事の世話をする栄養士などとの間には、医療に対するコンセンサスを揃えておくためにも、連携するスタッフの人間関係を築いておく必要があります。

看護師には人と人を繋ぐ「ハブ」の役割があります。
意外に認識出来ていない状態で、看護の仕事に就いている人も少なからずいるかもしれません。看護師の仕事とはこうした医療に携わる人々を繋ぐ「ハブ」としての役割もあるため、自身の職場での人間関係の構築は必須要件であると言えるでしょう。

しかし、相手によって人間関係の距離を図ることが大切です。
全ての業種にそうであるように、仕事に携わる人との関係性は全て等距離ではなく、常に仕事の円滑化を前提とした関係性の疎近をはからなければなりません。一方で、看護師の仕事においては、患者との関係性を可能な限り近しく保つことが求められますが、そうした姿勢を同僚などにも敷衍してしまって距離感を見誤り、最終的に人間関係を崩壊させてしまうこともあります。特に大病院のように働く人が多い環境では、常に相手との距離感を適切に保つようにしておかなければ、仕事の効率を著しく落としてしまうことにもなりかねないため、注意しておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です